海南市F様邸 外壁塗り替え 工事報告まとめ

海南市F様邸

外壁塗り替え工事完了しましたので

報告させていただきます^_^

足場組み立て完成しまして

外壁高圧洗浄から開始いたします。

外壁その他の高圧洗浄が

終了しましてひび割れ箇所に

コーキングを打っていきます。

使用材料はサンライズNB50

目地とひび割れ箇所の

コーキングが終了しまして

塗料が付いてはいけない箇所を

ビニールで養生していきます。

養生終了しまして

付帯部の下塗りを塗って行きます。

下塗り材料はこちらを使用します。

雨戸下塗り完成

次に雨戸上塗です。

上塗り材料はこちらになります。

その他の付帯部も下塗りしていきます。

付帯部下塗り完成しまして

付帯部上塗りを行います、

次に外壁の下塗り中塗り上塗り

を行います。

使用材料はこちらになります。

外壁下塗り完成しまして

続いて外壁中塗り上塗りをぬります。

外壁中塗り完成次に外壁上塗り

を塗ります。

外壁上塗り完成しまして

養生をバラシて

その他の付帯部を塗り

F様邸塗り替え完成です。

次に足場を解体します。

ビフォーアフター

F様この度は弊社に塗り替え

工事ご依頼頂きまして

誠にありがとうございます。

スタッフ一同心より感謝申し上げます。

泉大津市N様邸 屋根外壁   塗り替え工事

本日から泉大津市N様邸

屋根外壁塗り替え工事着工です。

弊社の泉大津店からとても近く

5分位の場所の

お客様です。

N様この度はありがとうございます😊

N様邸は、築年数18年で

外壁のコーキングの劣化を

気になされて屋根外壁の塗り替えを

ご依頼いただきました。

このように全くコーキングがない箇所 もありますし、屋根の上にコーキング が落ちています。

でもN様安心してくださいませ!

弊社がきっちりと18年前の新築時

のように回復させます!

本日は、足場組み立て作業です。

足場組み立て作業完成しまして

本日の作業は終了です。

月曜日から屋根外壁高圧洗浄

に入ります。

工事中は、ご迷惑をお掛けしますが

工事部、管理部、営業部全力で

工事を遂行していきますので

宜しくお願い致します🤲

N様本日は、ありがとうございました😊

堺市N様邸  屋根外壁   塗り替え工事

本日から堺市N様邸

屋根外壁塗り替え工事開始しました。

N様宜しくお願い致します🤲

本日は、足場組み立て工事からです。

足場完成写真今回は、日が暮れたので

明日又撮ります。

明日は、屋根外壁の高圧洗浄の

予定です。又、まとめて報告致します。

N様本日は、ありがとうございました😊

新年明けましておめでとう  ございます。

新年明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します🤲

弊社は、明日から通常営業を

はじめます。明日は、堺市N様邸

足場着工工事なので今日は

一足早く足場が組みやすいように

フェンスを外しにきました。

フェンス外し終了しまして

足場を立てる前に各所キズ割れ凹み

がないか、確認写真を撮ってチェック

していきます。

各所チェックを入念に行い

本日の作業を終了します。

N様明日から宜しくお願い致します。

皆様本年も宜しくお願い致します🤲

和歌山市S様邸屋根外壁塗り替え工事

昨日から和歌山市S様邸

屋根外壁塗り替え工事開始

致しました。昨日は、足場組み立て

作業でした。

本日は、高圧洗浄です。

足場シートを貼り高圧洗浄

スタートします!まずは、屋根から

次に外壁です!

次に付帯部、土間、塀を洗います。

高圧洗浄が終了しまして本日の

作業は、以上になります。

S様邸は、12年前に他の業者様で

1度塗り替え工事を行っております。

セラミック石調吹き付け塗装で

塗り替えています。

現場調査をして

石調セラミック塗料がポロポロ

取れるのを気になされていました。

付帯部もこんな感じでした。

このような感じで塗料の耐候性が落ちていますので

今回塗り替えをご依頼いただきました。

基礎も塗ります。

それでは仕上がりをお楽しみに

していてくださいね。

S様本日は、ありがとうございました😊

高圧洗浄が終了しまして

養生を貼っていき外壁のコーキングを

行います!

続いてセラミック石がポロポロ取れてきていますので下塗り 1回目に外壁の奥まで浸透させて外壁の旧塗料を固める材料を塗ります。

使用材料は、アレスダイナミックシーラマイルドです。

外壁を強固にする役目と接着剤の役目

をします。では、塗っていきます。

外壁浸透シーラ塗布完成です。

これで外壁は、強固されました。

塗る前にセラミック石が手に付いて

いましたが塗った後は、サラサラで

石が手につかなくなります。

続きまして屋根の下塗りも一緒のシーラで塗っていきます。

前の業者様がシリコンコーキングを屋根

に打っています。この上から塗料を

塗っても塗料が弾かれますので

専用の接着剤を塗ります。

シリコンコーキングの上のプライマー

完成しまして下塗りシーラを塗って  

いきます。

屋根シーラ塗布完成しまして

瓦の間の隙間を作る為にタスペーサを

差し込んでいきます。

タスペーサ差し込み完了です。

次に屋根中塗り上塗りを行います。

使用材料はダイナミック無機ルーフ

です。

屋根塗装完成しまして

外壁下塗り2回目を行います。

使用材料はこちらです。

これで次に塗る塗料の外壁の吸い込みを緩和します。

外壁下塗り完成しまして次に

外壁中塗り上塗りを行います。

使用材料は、ダイナミックトップです。

それでは、中塗り上塗り

塗っていきます。

続きまして上塗り

外壁中塗り上塗り終了しまして

養生を外していき、付帯部塗装

下塗り上塗りを行います。

付帯部塗装終了しまして

足場解体を行います。

足場解体終了です。

基礎も塗っていきます。

基礎塗り終了して

時間があまりましたので物置も

塗らせて頂きます!

以上でS様邸屋根外壁塗り替え工事

完成しました。

S様この度はありがとうございました。

本年の作業は、以上で

終了になります。

本年も多くの方に支えていただき

沢山のお客様との出逢いもあり

大変お世話になり感謝しております。

来年もより一層皆様のお役に立てる

ように精進してまいりますので

どうか宜しくお願い致します🤲

良いお年をお迎えくださいませ。

今年一年本当にありがとうございました😊

海南市T様邸屋根外壁塗り替え工事 

海南市T様邸塗り替え工事開始致します。

外壁の色褪せが気になり

弊社に塗り替えのご依頼を頂きました。

先ずは足場組み立て作業です。

屋根が急勾配なので今回は、

屋根足場もつけます。

足場組み立て完成しまして

屋根と外壁を高圧の水で

洗浄していきます。

お隣様に水しぶきが飛ばないように飛散防止にブルーシートを貼り高圧洗浄開始致します。

先ずは屋根から。

コケが結構ついていますので

綺麗に洗浄で落としていきます。

コケや汚れも綺麗になり次に

外壁を洗浄していきます。

高圧洗浄が終了しまして

コーキングを打っていきます。

次に養生工事を行っていきます。

養生工事が終了しまして

屋根の下塗りを行います。

今回屋根の下塗りに塗るのは、

ロックペイントの

プロテクトルーフサフです。

ロック水性プロテクトルーフ サフは、住宅用セメント瓦、カラーベスト瓦などの塗替え用の下塗り材です。     エポキシシリコン系樹脂の採用で付着性に優れます。
厚塗りが可能で、素地表面を平滑化し、吸い込みが少ないので上塗りは美しい仕上がりが得られます。戸建住宅、集合住宅、工場、倉庫などのセメント系屋根材の塗り替え下地に最適です。     それでは、塗っていきます。

屋根下塗り完成。          次に中塗りを塗ります。

屋根中塗り上塗りの材料は、

ロックペイントのサンフロンルーフ

です。フッ素樹脂塗料で

最高ランク塗料です。

耐候年数は、18年から20年と

言われています。

屋根は、雨や風、太陽の紫外線など  全て直撃なので壁の3倍から5倍    劣化が激しいので出来るだけ     良い塗料を使用してあげたいです。

それでは屋根中塗り

続きまして屋根上塗り

屋根上塗り完成です。

次に付帯部横雨樋を塗っていきます。

使用材料は、

こちらもフッ素樹脂塗料です。

超耐候性で太陽光に含まれる紫外線(UV)や風雨、錆などの劣化因子から塗装面を強力にブロックします。   耐候年数も20年と言われおり    コストパフォーマンスもかなり良い塗料です。

まず、ペーパーをかけて

下塗りを塗っていきます。

下塗り完成次に上塗りです。

2階部横雨樋完成でつぎに

2階部破風板を塗ります。

この破風板には、エンビ被覆が

施されています。

ここで注意が必要です!

エンビ被覆が施されている

塗り対処物には、エンビ被覆に対抗する

下塗り材が必ず必要です。

簡単に言うとビニールが巻かれいる

鉄板状態です。

エンビ被覆に合う下塗りを使用しないと、せっかく塗った塗膜が剥離したりブリードと言われる、塗り替えた塗膜がいつまでもベタベタしたり、数か月で黒ずんできたりします。そのためにも下塗り材料の選択は、非常に重要です。

今回選択した下塗り材料は、

こちらになります。

エスコNBは

素地への浸透性が高く、優れた防食性を発揮してくれます。 旧塗膜との付着性にすぐれていて 旧塗膜やエンビ被覆がとけることなく、作業性がとても高く厚塗りも出来ます。耐候性に富んだ上塗り塗料で仕上げられます。

では、塗ります。

下塗り完成!

次に中塗りです。

次に上塗りを塗ります。

続きまして外壁の下塗りを

塗っていきます。

外壁下塗り1回目は、アレスダイナミックシーラを塗っていきます。

旧外壁の塗料がセラミックの

吹きつけなのでポロポロ砂が落ちて

きます。

ダイナミックシーラマイルドは、

軟弱下地に奥の奥まで浸透して

ガッチリ下地ごと固めてくれます。

これで下地がガッチリになり

ました。ここからさらに吸い込み

止めの下塗り2回目

ダイナミックフィーラを

塗っていきます。

外壁下塗り2回目完成

次に外壁中塗り上塗りを

塗っていきます。

使用材料は、こちらも最高級ランク塗料

アレスダイナミック無機を

塗っていきます。

ダイナミック無機は、簡単に言うと

ガラスや陶器などの半永久的な

無機物質を塗料に変えた材料です。

そのままでは、固すぎるので

有機物質フッ素(人の手で作られた物資)

を入れて塗れるようにした材料です。

専門的用語は、出来る限り省き

たいので、簡単に言うと

無機とフッ素の最強ハイブリッド

塗料で超耐候性を謳っています。

では^_^塗っていきます。

外壁中塗り完成

次に上塗りです。

外壁上塗り完成しまして

養生を外して、残りの付帯部を

塗っていきます。

基礎も塗ります。

最後にベランダ防水を塗ります

続きまして清掃をしまして

足場解体作業です。

足場解体終了しまして

全ての工事が終了です。

お隣様も塗り替えをしたいと

行って頂き来年になりますが

塗装工事入らせていただきます。

ありがとうございます😊

T様この度は、数ある塗装業者の

中から弊社株式会社大和建装

にご依頼いただきましたことに

深く感謝致します。

この度はありがとうございました😊

和歌山市大丸 エナウィン様 塗り替え工事 終了迄

プロパンガスの置き場の屋根の

ケレンが終了しまして

綺麗に汚れを落とす為

高圧洗浄を行います。

高圧洗浄終了しまして

乾燥させます。

次に同じ敷地内にある

建物の屋根外壁の塗り替えを

行いますので足場を組み立てて

行きます。

足場が組み上がり屋根外壁の

高圧洗浄を行います。

同時にコーキングの撤去を行います。

次にガス倉庫の屋根の下塗りを

塗っていきます。

使用材料は、関西ペイントの

遮熱屋根塗料アレスクールプライマー

を下塗りに塗ります。

アレスクールプライマーを下塗り

に塗ってアレスクールを中塗り上塗り

に使用すれば、関西ペイント様曰く

最大なんと!マイナス20℃

屋根の表面温度

が変わるとの事です。

本当かどうか?塗っていきましょう♪

この時期涼しくなってきましたが

丁度お昼の12時です。

塗る前の屋根の表面温度は

ジャスト50℃です。下塗り中塗り上塗り全てお昼の12時に

測っていきます。

最大限に遮熱効果を出させてもらう為にコツコツ手塗りで塗っていきます。

遮熱屋根塗料下塗り終了!

次の日

お昼の12時です。なんと!

下塗りの時点でマイナス約16℃

素晴らしい遮熱効果です。

では、アレスクール中塗りを

塗っていきます。

使用材料は、こちらです。⬇️

関西ペイント様の

2液型アレスクールSiです。

Siとは、シリコンという意味です。

アレスクール2液Siは、アクリルシリコン樹脂塗料なので、耐候性10年色褪せしにくい、光沢が長持ちする、耐水性・耐油性・耐薬品性に優れるといった特徴を持っています。金属系屋根材の塗装にも最適です。それでは、中塗り塗っていきます。

本日もコツコツ塗っております。

遮熱塗料中塗り終了です。

次の日

本日は、アレスクール上塗りを

塗っていきます。上塗りといっても

昨日の材料と一緒です。

とりあえず中塗りを塗った箇所の

温度を測ってみましょう!

お昼の12時です。

順調すぎる!くらいに表面温度が

下がっております。

上塗りまで塗ってマイナス20℃なら良しと思って

いましたが中塗りですでに、

マイナス21℃すご

興奮と雄叫びを抑えながら

ラスト上塗りを

塗っていきます。

遮熱塗料屋根上塗り完成です。

ビフォーアフター

これで屋根塗装終了です。

次の日

お昼の12時になりましたので

屋根上塗り仕上げ温度を

測ってみます。

素晴らしいさすが日本を代表する

塗料メーカー関西ペイント様

遮熱効果すごすぎです。

もう一度温度計壊れていないか

確認の為測ります。

壊れてなかったみたいです。

無塗装時50℃⬇️

下塗り後34.1℃⬇️

中塗り後29. 1℃⬇️

上塗り後⬇️

約マイナス30℃下がりました!

今回は、色が白だったこともあり

ここまで下がったと思います。

遮熱塗料でも黒系統の色でしたら

ここまでは、下がらないので

遮熱塗料にする場合は、なるべく

薄い色がおすすめです。

ブログ長くなりましたので

同じ敷地にある事務所の報告は、

ビフォーアフターで載せて

おきますね。

塗り替え後

大丸エナウィン様この度は、

弊社にご依頼いただき

ありがとうございました😊

  
© 2018 Daiwa Kensou.
和歌山県和歌山市の外壁塗装・雨漏り修理の大和建装