和歌山市大丸 エナウィン様 塗り替え工事 終了迄

プロパンガスの置き場の屋根の

ケレンが終了しまして

綺麗に汚れを落とす為

高圧洗浄を行います。

高圧洗浄終了しまして

乾燥させます。

次に同じ敷地内にある

建物の屋根外壁の塗り替えを

行いますので足場を組み立てて

行きます。

足場が組み上がり屋根外壁の

高圧洗浄を行います。

同時にコーキングの撤去を行います。

次にガス倉庫の屋根の下塗りを

塗っていきます。

使用材料は、関西ペイントの

遮熱屋根塗料アレスクールプライマー

を下塗りに塗ります。

アレスクールプライマーを下塗り

に塗ってアレスクールを中塗り上塗り

に使用すれば、関西ペイント様曰く

最大なんと!マイナス20℃

屋根の表面温度

が変わるとの事です。

本当かどうか?塗っていきましょう♪

この時期涼しくなってきましたが

丁度お昼の12時です。

塗る前の屋根の表面温度は

ジャスト50℃です。下塗り中塗り上塗り全てお昼の12時に

測っていきます。

最大限に遮熱効果を出させてもらう為にコツコツ手塗りで塗っていきます。

遮熱屋根塗料下塗り終了!

次の日

お昼の12時です。なんと!

下塗りの時点でマイナス約16℃

素晴らしい遮熱効果です。

では、アレスクール中塗りを

塗っていきます。

使用材料は、こちらです。⬇️

関西ペイント様の

2液型アレスクールSiです。

Siとは、シリコンという意味です。

アレスクール2液Siは、アクリルシリコン樹脂塗料なので、耐候性10年色褪せしにくい、光沢が長持ちする、耐水性・耐油性・耐薬品性に優れるといった特徴を持っています。金属系屋根材の塗装にも最適です。それでは、中塗り塗っていきます。

本日もコツコツ塗っております。

遮熱塗料中塗り終了です。

次の日

本日は、アレスクール上塗りを

塗っていきます。上塗りといっても

昨日の材料と一緒です。

とりあえず中塗りを塗った箇所の

温度を測ってみましょう!

お昼の12時です。

順調すぎる!くらいに表面温度が

下がっております。

上塗りまで塗ってマイナス20℃なら良しと思って

いましたが中塗りですでに、

マイナス21℃すご

興奮と雄叫びを抑えながら

ラスト上塗りを

塗っていきます。

遮熱塗料屋根上塗り完成です。

ビフォーアフター

これで屋根塗装終了です。

次の日

お昼の12時になりましたので

屋根上塗り仕上げ温度を

測ってみます。

素晴らしいさすが日本を代表する

塗料メーカー関西ペイント様

遮熱効果すごすぎです。

もう一度温度計壊れていないか

確認の為測ります。

壊れてなかったみたいです。

無塗装時50℃⬇️

下塗り後34.1℃⬇️

中塗り後29. 1℃⬇️

上塗り後⬇️

約マイナス30℃下がりました!

今回は、色が白だったこともあり

ここまで下がったと思います。

遮熱塗料でも黒系統の色でしたら

ここまでは、下がらないので

遮熱塗料にする場合は、なるべく

薄い色がおすすめです。

ブログ長くなりましたので

同じ敷地にある事務所の報告は、

ビフォーアフターで載せて

おきますね。

塗り替え後

大丸エナウィン様この度は、

弊社にご依頼いただき

ありがとうございました😊

  
© 2018 Daiwa Kensou.
和歌山県和歌山市の外壁塗装・雨漏り修理の大和建装